フェルディナンド・ケリモフ (Fredinand Kerimov)


バニング にて。

通称”ミスターK”。

ハイファイ音響映像の仕事をしており、ロックフォード・ヒルズに住む、アゼルバイジャン人で、領事館の職員『タヒール・ジャヴァン』の家に、シアターセットを設置した。

が、タヒールが実はスパイあることが発覚したため、彼を知る人物としてIAAに捕らえられる。

そして、戸籍上は死亡したものとして処理され、IAAのエージェントであるカレンから拷問を受けた。

一方、FIBのデイブスティーブは、彼の生存を疑い、マイケルを検視局に送り込み、彼の死体が無いことを確認する。

その後、ケリモフがIAAビルに捕らわれている事を突き止めると、主人公三人を送り込み、ケリモフを奪還させた。

難を逃れたケリモフだったが、スパイ抹殺の手柄を横取りしたいFIBからも、やっぱり激しい拷問を受けることに。

当初デビンに拷問をうけた際にはあまり情報を喋らなかったが、拷問が大好きなトレバーによって、拷問のフルコース

  •  歯をペンチで抜かれる
  •  電気ショックを受ける
  •  レンチで殴られて腕を骨折する
  •  仰向けに顔にタオルを掛けられた状態でガソリンを掛けられる

などを受け、ついにタヒールの情報を吐き、タヒールはマイケルによって射殺される。

スティーブは用済みとなったケリモフも殺すようにトレバーに命令するが、スティーブの命令なんざ聞きたくないトレバーは逆に彼を助けた。

かくしてトレバーに空港まで運ばれ、『安全な国外から拷問を受けた事実を公表しろ』と、飛行機に乗るように示唆され、空港の階段へと消えていった。

激しい拷問を与えておきながらケリモフを助けるなど、トレバーの制御不能ぶりが光るw


なお、FIBもIAAも彼をスパイとして扱っていたが、彼が話したのは自分の顧客であるタヒールの事だけであり、知っていて当然の情報でしかないため、彼が本当にスパイだったかどうかは不明である。